自分の希望にあった賃貸の部屋を探すにはまず大事な三つの条件「家賃」「希望地」「間取り」を絞り込むことが重要です。

部屋を探すにはこの条件でスタート!
部屋を探すにはこの条件でスタート!

部屋を探すには三つの条件でスタート

賃貸の部屋探しを始める場合には「あんな部屋に住みたい」「こんな設備があったらいい」という希望の条件がたくさんあるものです。
しかし100パーセント希望を満たす部屋を探しだすのは簡単なことではありません。
まずは自分の希望の条件に優先順位をつけることが、納得のいく部屋探しの準備をすることになります。
その際にとりあえず重要になるのが「家賃」「希望地」「間取り」の三つの条件です。
「家賃」については一般的に目安が収入の3分の1以下がよい、と言われています。
ここでいう収入はあくまで「月収」であり、ボーナスやアルバイト的な収入は含めない方がよいでしょう。
暮らしていくにはガス代、水道代、電気代といった家賃以外のお金がたくさんかかります。
家賃は毎月固定して支払う金額ですから、自分がしっかり毎月払うことのできる金額にしておくことが大事です。
「希望地」については勤務地や学校へのアクセスが重要なポイントです。
しかし「○○線沿線の△△駅」といったようにあまり限定してしまうと選択肢が少なくなってしまいます。
より希望に近い物件を探すためには「A駅〜B駅の間」くらいの幅を持って考えた方がいいでしょう。
通勤通学時間や乗り換え方法も考えて広い視野で住む地域を考えるのがポイントです。
人気の駅から一駅移動するだけで家賃相場がぐっと下がったり、希望の部屋が見つかりやすくなったりすることはよくあります。
隣のエリアの物件にも注目してみましょう。
「間取り」は自分の生活スタイルにあわせて考えましょう。
部屋の広さだけにこだわらずに、収納やレイアウトも考慮するといいですね。
部屋が狭くても収納が大きければ、部屋を広く使うことができます。
また部屋のレイアウトによって、家具の置き位置や生活空間がまったく異なってきます。
間取りは実際に物件を見ながら決めたほうがいいでしょう。
ただ、希望地と同じように希望の間取りもある程度の幅を持たせて考えておいたほうが部屋は見つかりやすくなります。

Copyright (C)2016部屋を探すにはこの条件でスタート!.All rights reserved.