相続税や固定資産税の節税対策にも、他の所得にかかる税金軽減や自宅建築ローン返済の負担軽減にも、賃貸住宅経営は有効です。

部屋を探すにはこの条件でスタート!
部屋を探すにはこの条件でスタート!

節税対策や諸経費削減としての賃貸住宅経営

現在、社会保険と税の一本化により大幅な増税が検討されています。
消費税の増税のみならず、相続税や固定資産税も見直しが検討され、年金制度も今後どうなるのかわかりません。
自分が保有している土地があり、このような時代ともなると少しでも有効な土地活用をして将来に備えたい、あるいは土地を持っていることでかかっている諸経費はなるべく削減したい、と誰でも思うものです。
そのためには、自分の保有している土地資産をさまざまな角度から分析検討し、さらに家族の将来も考え合わせて、最適な決断をするのが第一歩となります。
土地オーナーが土地活用として賃貸住宅経営を選択するのには以下のような利点があるからです。
まず一番は「土地の有効活用」です。
現状より有効な土地活用はないか、悩む人も多くいます。
都市の中心部や駅近の土地であればならさらです。
賃貸住宅経営による土地活用はその地域や社会の活性化にも繋がり、社会貢献の一つともいえます。
次にあげるのは「相続対策」です。
相続税の節税対策の一つは相続資産の評価額を下げることです。
更地に賃貸住宅などを建設することは土地の評価を下げるのに有効な対策です。
また、賃料の収入を納税資金として確保できるという利点もあります。
また「固定資産税対策」としての側面もあります。
バブル崩壊以降下がり続けていた地価もようやく回復の兆しを見せています。
そうなると当然固定資産税の負担が増大してきます。
特に遊休地や青空駐車場などになっている土地は固定資産税が高くなります。
土地の大きさにもよりますが、住宅用地の場合1戸あたり200平米までは「小規模住宅用地の軽減」が適用されて、賃貸住宅を建てた場合は更地の6分の1の土地評価額となります。
また、経営開始後の数年は赤字になることが多いものですが、他に所得がある場合は「損益通算」といって所得を相殺することができます。
他の所得における所得税、住民税などの節税効果があるのです。
見過ごせない目的の一つとして、自宅建て替えに変わる賃貸住宅建設というものがあります。
自宅を建て替えしたいが、建築費用やローンの返済負担を軽減したいという場合、自宅併用の賃貸住宅を建てることでぐっと楽になります。
賃料の収入を自宅用のローン返済にあてるというわけです。

Copyright (C)2017部屋を探すにはこの条件でスタート!.All rights reserved.