自分の目的にあった不動産会社に出会うために、それぞれの不動産会社の特徴を知っておきましょう。

部屋を探すにはこの条件でスタート!
部屋を探すにはこの条件でスタート!

特徴をつかんで不動産会社を利用

最近は、パソコンだけではなくスマートフォンで賃貸物件を探すといったこともできるようになりました。
手軽で簡単な方法ではありますが、その道のプロである不動産会社に相談してみるということも有効な手段です。
情報誌やネットの場合、問い合わせた時にはもう「契約ずみ」ということもありますが、不動産会社から直接もらう情報ならそんなことはありません。
具体的な要望をあらかじめ伝えておけば、希望にあったものを提示してくれたり、新しい物件を紹介してくれたりします。
不動産会社を選ぶ時は、事前にその特徴を知っておくと、自分にあった会社を選ぶことができるでしょう。
多店舗のチェーン店型の不動産会社は取扱物件が多く、他店と連絡を取り合いながらより広いエリアで探す事ができます。
このタイプの会社は大手が多いため、ブランドやサービスに対する安心感もあります。
地元密着型の不動産会社は地元の大家さんとのつながりがあり地元の情報をたくさん知っています。
思わぬ掘り出し物件が見つかったり、家賃交渉や条件の折り合いなど交渉すれば融通がきいたり、と利点もあります。
希望する地域を絞って探す時にはおすすめです。
また、不動産会社を選ぶ時に注意しておきたいのは、不動産会社とオーナーとの物件の取引形態がいろいろあるということです。
この形態の違いによって契約の時の条件や費用が異なりますので注意しておいたほうがいいでしょう。
一番多いのは「仲介」です。
不動産会社とは異なる「貸主」がいて「借主」と賃貸貸借の契約を結ぶことになります。
契約の際に仲立ちをした不動産会社に「仲介手数料」を支払うことになります。
もうひとつは「貸主」です。
物件の持ち主自身が借り手の募集を行っているものです。
この場合、仲介手数料は発生しません。
このほかに数は少ないのですが「代理」という形態もあります。
これは貸主の代理人として不動産会社が借り手の募集や契約手続きを行うことですが、こちらも手数料が発生することがあります。

Copyright (C)2017部屋を探すにはこの条件でスタート!.All rights reserved.