遮音性にこだわるのなら鉄骨、鉄筋に寄らず壁の構造のほうを重視するべきですか。

部屋を探すにはこの条件でスタート!
部屋を探すにはこの条件でスタート!

遮音性にこだわる人が選ぶべき物件とは

隣の音が聞こえてうるさい、壁が薄いからこちらの音が聞こえて嫌だ、賃貸の集合住宅でそのように考える人は結構多いものです。
そして音に悩んだことのある人ほど、次に物件を選ぶ時の条件として「鉄筋コンクリート構造」がいい、と言います。
確かにコンクリートでできた壁は木造の壁より音を通しにくいと言われています。
では物件に「鉄筋コンクリート」と記載されていたら、必ず遮音性にすぐれている物件なのでしょうか?
鉄で建物を作る場合、ある程度高層物件になると「ラーメン構造」という方式で耐震性を持たせています。
ラーメン構造というのは、柱と梁で枠組みを作る構造のことを言います。
鉄骨、鉄筋コンクリートというのは、その柱と梁の材料のことを指していっているのです。
一方で遮音の性能というのは壁の構造が一番重要です。
遮音性は隣戸との間の壁の重量でほぼ決まってしまいます。
鉄骨では軽量鉄骨などで下地を組んで、その上にボードを二重に貼る方法で壁を作ることが多いです。
鉄筋コンクリートの場合は壁もコンクリートであることが多いので、遮音性に優れているとよく言われています。
しかし、ここで確認したいのは鉄筋コンクリート構造でも壁の構造はボードで作られているものがあったり、GLと呼ばれるコンクリートの壁の上にボードを貼った工法のものがあったり、することです。
つまり「鉄骨」とか「鉄筋コンクリート」という言葉は、耐震性を確保するための構造部分の種別を表しているのにすぎないので、壁の構造が問題ということになります。
防音にこだわるのなら、構造よりも壁をチェックして選ぶべきですね。
防音ということに関しては壁ばかりではありません。
最近出回ってきたものに「防音フローリング」というものがあります。
フローリングはずっと人気があるフイテムなのですが、音が響きやすいという欠点があります。
このためクッションフロアーという柔らかい材質のものを使った物件もあるのですが、どうしても見た目に美しいフローリングのほうが好まれるようです。
ということから、最近フローリングの下にクッション素材をいれた防音フローリングが採用されるようになりました。
こういう床にまで配慮された物件は、防音に気を使っていると判断できるので、気になる場合はここでチェックしてみるものいいでしょう。

Copyright (C)2017部屋を探すにはこの条件でスタート!.All rights reserved.