初期費用として支払う礼金、敷金、保証金はゼロのほうがいいと考えがちですが、敷金、保証金に関してはある程度支払っておいたほうが安心です。

部屋を探すにはこの条件でスタート!
部屋を探すにはこの条件でスタート!

礼金、敷金、保証金ゼロはお得なのか

賃貸住宅へ入居時の初期費用として、一般的に「礼金」「敷金」「保証金」などを契約時に支払うことになりますが、その違いはなんなのか、よくわからないという疑問もよく耳にします。
引越しなどの費用もかさむ中で、初期費用はすこしでも抑えたいもの。
その中身をよく知った上で、それらがゼロの物件を選ぶのか、ある程度の出費を計算するのか、考えたいですね。
まず「礼金」とは、戦後の焼け野原で住むところのなかった人たちが「住むところを提供してくれてありがとう」という意味でお礼を包んだことに始まる慣習と言われています。
それがいまだに存在しているのはなぜかといえば、礼金の一部を大家が不動産へ支払う紹介料に充てていることが多いからです。
昔から慣習として定着していることから、現状ではなかなか礼金ゼロという物件は少ないのですが、今後はゼロ物件が増えてくる傾向にあります。
礼金については「お礼」のため、返金されることはありません。
「敷金」と「保証金」は基本的に同じで、家賃の滞納や突然の失踪などの際に家賃に充てるため預けておくお金です。
契約内容にもよりますが、大体は退去時の修繕に充てられることが多く、部屋をよい状態で退去すればお金が多く戻ってきます。
最近は物件が余り気味のため、「敷金礼金ゼロ」を謳い文句にした広告なども多くなりました。
礼金については前述したような性質のお金であるため、ゼロであればよりお得な物件なのですが、敷金や保証金については一概によいとは言えません。
家賃滞納などがあった場合に、お金を預けてないため即刻立ち退きを迫られるといったこともあります。
さらによく問題となるのは退去時の修繕にかかる費用についてです。
敷金を払っていない場合、退去の時に修繕費として請求されることになりますが、かなりの高額を請求されることがあります。
「どこまでが借主の負担で、どこからが大家の負担なのか」といったことでトラブルに巻き込まれることも少なくありません。
これらのことから、敷金や保証金については退去時の修繕費の前払いと考え、ある程度あったほうが安心であり、全額は返ってこないものと捉えておけば間違いないでしょう。

Copyright (C)2017部屋を探すにはこの条件でスタート!.All rights reserved.