将来の自己防衛策としての土地活用を考える場合、賃貸住宅経営を選ぶことにはローリスクや生命保険がわりなどのメリットがありましょう。

部屋を探すにはこの条件でスタート!
部屋を探すにはこの条件でスタート!

土地活用として賃貸住宅経営のメリットとは

少子高齢化は加速、年金受給年齢の引き上げも検討されて、公的年金だけでは豊かなセカンドライフの実現は難しくなりつつあります。
さらに、従来型の企業年金や退職金などの制度自体を廃止する企業も増えており、老後の保障は不確実になる一方です。
年金以外の収入を自分で確保し、老後の準備を始める人が増えています。
資産づくりとしての賃貸住宅経営は不安の多いこの時代にこそ自己防衛の手段として有効です。
自己防衛の手段としては、株式投資や投資信託といった資産運用もあります。
これらは少ない資産で始めることができますが、元本が保証されていないため投資資金がゼロになってしまうリスクもあり、安心できません。
では、賃貸住宅経営を選ぶメリットとはなんでしょうか。
一番大きな理由は、ローリスクかつロングリターンであるということです。
毎月のローン返済額よりも家賃収入を多くした資金計画によって安定したキャッシュフローを受け取ることができます。
しかも、ローン完済後には家賃収入がそのまま収益となり、無担保の土地も資産として手元に残ります。
マンションの一室に投資した場合は、老朽化に伴い価値が下がっていき、賃貸や売却が容易にはいかなくなります。
賃貸住宅経営の場合は建物が老朽化しても、価値のある土地が資産として残ります。
つまり家賃収入の中からローンを返済していくだけで資産形成ができるのです。
売却するもよし、店舗などに貸し出して定期収入を得るもよし、賃貸住宅を建て替えして続けて家賃収入を得るもよし、土地があれば、将来の可能性が広がります。
また、意外と知られていないメリットもご紹介します。
賃貸住宅を購入するためにローンを申し込む際、ローンには銀行の指定する「団体信用生命保険」が組み込まれています。
オーナーにもしものことがあった場合、ローンの残額は生命保険によって完済され、ご家族には無借金の賃貸住宅と毎月の家賃収入が残る事になります。
そのため、月々何万円もかけて個人的に生命保険に加入しなくても、賃貸住宅経営そのものが生命保険の役割を果たすことができるのです。

Copyright (C)2017部屋を探すにはこの条件でスタート!.All rights reserved.